>>龍谷大学新聞社トップ>>過去の記事>>特集・企画>>2004年6月号
[ 特集 ] 幸せになれる?四葉のクローバータクシー <2004年6月号>

▲実際に乗った四葉タクシー
=5月26日、平安神宮前
 京都を走る「幸せを運ぶ四つ葉のクローバータクシー」の存在を知っているだろうか。

 京都では約9千台のタクシーが走っているが、その中に三つ葉のクローバーをシンボルマークに使用している1千350台のヤサカタクシーがある。そのうち4台が四つ葉のクローバーを付けて走っているのだ。
                                         
 このタクシーは乗客の投書をきっかけに、02年9月5日から走り始めた。「雨で濡れた葉が、天井灯の三つ葉にくっついて、四つ葉になっていた。そのタクシーに乗った日から幸運な出来事が続いているので、ぜひ『四つ葉のクローバー号』を走らせてほしい」という要望が寄せられ、実現されたと言う。このタクシーに乗ると、運転手さんから乗車記念のカードとシールがもらえる。

 そんな珍しいタクシーを見てみたいと思い、ヤサカ自動車の本社へ行き取材させてもらった。しかし、「実際に探して乗ってみたい!」ということで、探してみた。

 5月26日11時。場所は西大路五条。近くにはヤサカ自動車の本社があり、数多くのヤサカタクシーが走っていた。しかし、四つ葉タクシーはタクシー乗り場などに停まって客を待つことはしないため、2時間近く探したが見付からなかった。

 14時。京都駅周辺に移動し、そこから四条に向かって歩くことにした。四条通りを抜け、清水通りを過ぎ、京阪五条駅の方向に向かって黙々と歩き続けた。その時反対車線に四つ葉タクシーを発見!すぐさま走って追ったが、追いつくことはできなかった。

 18時。悔しさをかみしめながら、五条大橋に到着。このまま五条周辺にとどまるべきか、四条へ戻るべきか思案していた。なんとそこへ再び四つ葉タクシーが通りかかったのだ!今までの疲れも忘れて、一目散にタクシーへ。かなり大騒ぎしてしまったが、運転手さんは快く乗せてくれた。しかもこのタクシー、先ほど逃してしまったタクシーだったらしく喜びもひとしおだった。

 運転手さんによると、このタクシーに乗ったカップル4組が結婚するなど、「幸せになれる」といううわさは本当だと語る。だがこの時期は修学旅行生の貸し切りが多く、一般客はなかなか乗れないらしい。私たちにとってこのタクシーに乗れたから幸せになれるというものではなく、本当に乗れたことが幸せだった。
記事=井上  薫
撮影=椎木伶奈


龍谷大学新聞社
掲載内容の無断転載を禁止します。
Copyright 2004 Ryukoku Univ. Press All rights reserved.